【穏やかな看取り】

Aさんが息を引き取りました。

12年私どもの施設(養護.特養)に入所していました。入所してから日常、そして最後まで嫌なことは嫌だと自分で意思表示できる方でした。

養護の周りの利用者様もスタッフも共に生活の上で理解していたこともあり、本当の馴染みの中でそれこそACPに基づいた最後になったのではと思います。

1月中旬、朝ぐったりとして右側に傾いて力がないご利用者様のAさん。

まさか?脳血管障害か?と嘱託医に相談し基幹病院に救急搬送。

結果、誤嚥性肺炎。いつもご自分でお食事されていた利用者様。考えてもなかった病名。

本人が動かれるため、脳の精密検査が出来ず、入院中治療しながら、今後を模索。

肺炎が治っても、食事が食べれられない。

ST(言語聴覚士)が介入しても嚥下の反応がない。

経管栄養(管を入れる)にするか?

生活相談員が入院している病院から連絡もがあり、でもまだ施設に帰ったら食べられるかもしれない。この方の背景を考えながらの相談あり。

ご家族と疎遠の方で施設に託されている命。

病院にケアマネと相談員と一緒に行き話し合い。

肺炎は治ったものの、点滴を3本行き痰の量も多い。吸引を嫌がり鼻出血。

連携室のナースに施設に連れて帰るため、点滴の量を減らしてほしい旨を話す。わかりました医師に伝えますとの返事。

施設は、夜間介護職員しかいない。喀痰吸引できる介護スタッフも少ない。

そして、施設に帰って食べられるようにするためには、身体の水分をとらないと食事も喉に通らない。

退院する一週間で点滴の量を減らし(できれば中止)、施設の馴染みの場所で食べる準備をするための病院へのお願い。

食べられないかもしれないけど少しでも食べ、痰を取り苦しまない援助へ、欲を言うと普通の生活へ。

入院中の看護師からは、食べると危険ですから難しいですといわれました😅

退院時、点滴は3本から2本に減量していたが、痰の量が思ったより多い。

この痩せた身体にこれだけ水分がまだ溜まっているのかとと思うくらい。

夜間は、夜勤しているスタッフの間に資格を持っている介護職員がいた時はしていただき、いない場合はオンコールで看護師を呼ぶこと。

口腔ケアの徹底と摂食・嚥下の評価のため、あすか歯科の濱口医師に確認。

「口腔内偽膜性カンジダ症ですね。口の中痛いと思いますよ。薬で治療していきましょう。同時に、食事の提供を」

車椅子に移乗し、食事の姿勢を整える。移乗は初めはボードとシートで。

頭の角度を後屈しないように支えをきちんと。

口腔内ケアをした後、タンパクが入っていないゼリーとお茶ゼリーを提供してみる。

一口一口。自分でスプーンでとって食べる仕草あり。

毎日、状態を見てすすめていく。

ゼリーをクラッシュにするとむせがあるので、必ずスプーンでスライスして提供と神経を使う。

一口の提供が苦しめることのないよう配慮。

嘱託医と相談し、点滴はしない。

医師も自然な形で老衰と判断。

養護の利用者さんが部屋を訪れて声かけ、本人もウンウンと頷き笑顔。

「よかったねー。こうやって安心してここでみんなの中で逝けるよ。大丈夫大丈夫」と手を握り普通に声をかける仲間の利用者さん。こうやって順繰り最後を見届けるのが、当たり前の空気感。

疎遠のご家族も来られて会うことができ、痰ももう最後は引けなくなり吸引せずにすんだが、栄養として提供するのではなく、楽しみとして食事を提供しよう。

すっぱいゼリーを提供すると、しかめ顔。馴染みの栄養士が「いやー昔酢を飲んですっぱいものが嫌いになったといっていました。芋も沢山食べ過ぎて嫌いに」と。

その栄養士の顔を見ると、このご利用者の反応が違う。笑顔で手をギュッと握る。

食べられて栄養が積極的に取れるようになれるか?老衰で命がなくなるのが先か?

少しずつ足にチアノーゼが出てきた。心拍もはやく発熱もあり。胸の音はきれい。心配するスタッフに、肺炎によるものではなく、老衰で脱水による症状のことを説明。回診時医師とも確認。

施設長は、得意なギターで何が好きかね?郷土は北九州か、明日ギター聴かせたいねと、翌日ギターをベッドの横で演奏。

甘い好きなアンコを味わう。

養護の利用者様の方が、部屋に来ては昔パチンコ好きだったんよとか、家族とご本人の環境を知って語る。

部屋には看護師が家にあったアロマを持ってきて、ラベンダーがよくない?と話をし提供。今後、知り合いのアロマの方に習って看取りにアロマを取り入れよう。

そんな話をしながら。

時に音楽も流しながら、話しかける。

入浴も途中でできた。

褥瘡も出来ず拘縮もなし。

スタッフと利用者が入れ替わり訪室。

穏やかな最期の時間でした。

あの時、病院から経管栄養を勧められ、または点滴を続けながら病院にいたら、きっと痰の多さに苦しむ。吸引をされる苦しみ。また、入院中体力もなくなってカンジダができている口腔内。また、肺炎の繰り返し。

そして何よりも、きっとこの馴染みの関係で自然な死は迎えなかったと思われる。

そして、疎遠であった家族との再会もどうだっただろうか。

家族との関係の修復または充実する時間を提供することも私たちには大切なおしごと。

今日のお葬儀も施設で行われ、牧師さんからも語りがあり、ご家族の気持ちを癒す。

肺炎にならないこと、

食事は食べられなくなっても、

その人の好きなことの実現。

生活相談員があの時、わが施設へ連れて帰ろうと踏み出さなかったら、

嘱託医がそれをついで受け入れなかったら、あのまま病院で。

歯科医が診てくれなかったら、栄養士がいろんなその人らしさを考えてアプローチしなかったら食の楽しみが失われたままだった。

ケアマネが本人の生活を理解しみんなが統一したケアができるよう配慮していなかったら、安心してケアできなかったかもしれない。

施設長がご家族にどうにか連絡し、話してくれなかったら生きているうちに疎遠のまま来ることはなかっただろう。

資格を持った介護士がいなかったら、看護師の私達も数日は夜間大変だったかもしれない。介護職の丁寧なケアがなかったら、褥瘡が出来たかもしれない。最期の入浴も出来なかっただろう。姿勢ケアをしていなかったら、皆んながいる食堂で車椅子で安楽に過ごせなかっただろう。

理事長のギター演奏。

そして、時々馴染みのご利用者様たちが会いに来て手を握りながら昔話に花を咲かせなかったら、あんな笑顔や手をとる姿は見れなかっただろう。

そして、この医務の看護師たちがいなかったら、こんなに安心して皆んながまわっていなかったと思う。感謝しかない。

それぞれの役割がとても大事。

最後のとても穏やかな綺麗な姿で、疎遠になっていたご家族もよかったと涙。

とてもよい経験をさせていただきました。

本当に、早めにACP人生会議必要だなぁと実感しました。

意思決定が出来ない方もいる。

どうしたいか、わからない方もいる。

本来、私たちが決めることではない。

決めざるおえない状況を少しでもなくしその人らしさで迎えられるように、出会った頃から最後まで向かい合うこと大切だなと思いました。

Aさん、ご冥福をお祈りいたします。

【説明と同意~医療介護についての悩み】

医療介護職の皆さまへ

最近、いろんな方のご家族や知り合いの方より、医療や介護の悩みについて聞くことが多いです。

その内容が、

医師から説明あっても意味が理解出来ない。

説明がなく検査をされた。

今どうなっていて、この先どのような選択肢があるか説明を受けてない。

誰に相談していいかわからないと。

きっと医師は説明をしているのかもしれません。でも伝わってないことが多い現実。

患者さんやご家族には、その言葉が難しすぎたり、何の意味を持つのかわからなかったり、言われたことに驚き、すぐに受け入れられなかったり。

色んな心情が【わかってくれない】と不安を増し、そして不信感になっているのかもしれません。

ご家族は知識もないし、医療関係者、病院から言われたまま従わないといけないという状況になっており、なぜ?という気持ちを持ちながら、いえず悩み疲弊してしまう。

私も失敗談たくさんあります。

介護施設に仕事を始めた時、医師の代わりに説明をと言われ、病状を説明しました。

言っている意味がわからないとご家族が言っていたと他のスタッフを介し耳にしました。

出来るだけ私なりに伝えていたつもりでしたが、専門用語を使っていたり、噛み砕いていうことが出来てなかった。

私なりにではなく、どうやったら相手に伝わり安心感を与えられるのか?

日々、患者さんや利用者さま家族に学ばせていただきここまで来ました。

そして、本当に圧倒的に、

そんな悩みを、

どこに相談していいかとわからないと言われ、悩まれてる方の多さに驚きます。

その方へ病院に、

家族の悩みを聞いてくれる方はどこにいますか?相談窓口はどこですか?、その病院のソーシャルワーカーさんと話したいのですがなどお聞きしそのままの気持ちでなく、発信し気持ちを話してみてくださいと。

ある介護施設のことでは、

お父様が入所されていて、一週間も寝衣を着替えていないようで、家族としていってよいのか?誰にどういえばよいのか?などのご相談も最近ありました。

言いにくいんですよね。

その気持ち痛かったです。

私たちは本当に、気をつけなければなりません。

説明と同意を誰がするか?

上手く説明出来ない方がいれば、お互いサポートしあい、患者さん、ご家族に心をとめて誰が向かい合うか?

さて、深呼吸をして私自身も胸に手をあて、

行いを見直していくことから始めます。

命は大切です。有限です。

悩まれている方、遠慮なく発信してくださいね。

【肺炎ゼロへの取り組み】

今、65歳以上高齢者の死因は、

1位悪性新生物

2位心疾患

3位肺炎

この肺炎は誤嚥性肺炎も多く😢

しかし、だからといって、

高齢者が肺炎で亡くなるのは当たり前ではありません。

予防ができます。

それは、口腔ケアや姿勢ケアにあります。

じつは、高齢者や障がいをもっている方で、肺へ唾液や飲食物がはいってしまっている方もいます。

汚いまま食事をすると誤嚥して肺炎に、寝る時にだ液を誤嚥して肺炎になることも。

でも、菌が肺に入らないようにすれば肺炎を予防できるので、

ノドがゴロっと言っている方の食前と、寝る前にも口腔ケア。

ずっと前、ある利用者様がゴロッと言い出し、微熱も続き、介護職員が誤嚥していないか、食べさせるのもこわいといってきたため、産業医大病院の嚥下リハビリ科に受診。

VFやVE検査をしてもらい、医師より、肺に入っているねと。本当!!

造影検査みて、こわっ!!

医師に相談し、口腔ケアと姿勢ケア、食事の提供の仕方を学び、

ある利用者様を事例に、マニュアルを作り、徹底したら熱も出なくなり、たんもなくなりました。

介護職員から、意味がわかった時、自分たちは、雲をつかむような仕事をしていると言われ、ホッとしたと。

意味がわかると応用ができるようになります。

以前、お世話になっていた高畠英昭先生。

(現在、長崎大学病院)

もともとは脳外科医。嚥下マニアでとても講義も面白い!!まなびたくさん得ました。

そして、

姿勢ケアは大事!!

食べる時、寝るときの姿勢に気をつけること。

食べている時

寝ている時に、あごがあがっていると、身体の前にある気管に唾液が入りやすくなり、誤嚥し、口腔内が汚いとバイ菌が肺にはいってしまう。そして、肺炎に!!

また、チームで進めるのに、

近くの熱い歯科医の先生を巻き込む!!ことも大切★

今の職場では、あすか歯科の濱口先生のおかげで、肺炎も、ぐうっーと減りました★

感謝です。

病院に入院すると肺炎になることも多く、入院させたくない。

介護現場をやる気にすると、

肺炎も予防できる☝️

【私たちが気をつけること】

私たち医療や介護現場が作っている障害(二次障害)をくい止めたい。

私は、医療介護現場で、

私たちが当たり前としてしていることが、患者さん(利用者様)への障害を作っていたり苦しめたりする事を数年前に知りました。

姿勢ケアで有名な、田中義行さんのセミナーで教えていただいた、

廃用性(何もしなくてもおこる)

誤用性(間違ったやり方でおこる)

過用性(して差し上げ過ぎでおこる)

私たちの対応の仕方で起きている障害があることを知ること。

そして、知った上でキチンと原則原理、根拠を知って個別に丁寧にアプローチすれば、病気や障害を予防出来ることを知り、現場実践でチームで体験してきました(現在も進行形なり)

まさに、介護の強みはそこにあり、

何か起きて対応するのではなく、

その原因を捉え、ケアをすることで医療は必要なくなる。予防が出来る。

もちろん看取りでいうと、加齢の変化を捉えられず、点滴や栄養を過多にとることで、身体に水がたまる。痰(たん)でゴロゴロ言う。それも誤用性、過用性にあたると思われる。

私は、福岡県で一番はじめに喀痰吸引等の介護職員が資格をとるモデル事業から指導看護師(講師)に携わり、現在もしてはいますが、

そもそも介護職員がチューブでの栄養や痰の吸引などの医療行為をするというより、

しなくなるようなケアや取り組みをすることのほうが大切だと思っています。

身体の手足が固まる拘縮(こうしゅく)、今や国民の65歳以上の方の死亡率第3位の肺炎、また褥瘡(床ずれ)、尿路感染症、起立性低血圧などなど~

これは、私たちが気をつければなくなっていくもの。身体の仕組みを知り、個別に丁寧に介護をする。多職種でアプローチする。

先日もご家族に最期の迎え方について、お話ししました。

ご家族の意向を確かめながら、どうするのか?逝くものだけではなく残されるもののこともキチンと考えて対応しなければなりません。

私ども聖ヨゼフの園は、自然の原理に基づいた看取り支援を行っています。

自然に苦しめずに最後を過ごしていただくためには、二次的に病気にならないように、しっかり口腔ケアしたりして肺炎にならないようにとか、クッション等福祉用具を使い身体を楽にする姿勢をするとか、環境を整えていく、声かけをし心に寄り添うとかいうケア介護が大切だと経験上感じてます。

今もまだ職場で一歩ずつ前に進んでいる状態ですが、医療は最後は必要なくケア(介護)を丁寧にすることが楽に穏やかに命を見届けることができると確信しています。

二次障害予防は本当に一つ一つ語り出したら、キリがない😅

経験に基づいた具体的な方法をお伝えできるように、もっと考えなくてはと日々試行錯誤中です。

来年度は形にして、もっとわかりやすく、現場に落とせるように、そしてその実践結果を外部へ それが課題だと思っています★

【延命の時代】

昔は、日本人は畳の上で亡くなっていました。その後、なぜ病院が亡くなる場所になったのか?

1970年、老人医療費無料化になり、病院に行く人入院する人が多くなり、そのうち高度医療が発達してきて長生きをするようになりました。

患者さんが病院に長くいることで、社会的入院と問題になり、医療費が圧迫してきたため、医療費も一時負担へ。

病院から在宅へ戻そうと、国は老人保健施設を設け、リハビリをして在宅へ帰そうという動きへなっていった。

私が看護師になった1990年代は、是が非でも延命時代。24時間点滴や、経管栄養。

何かあれば救う。

ある担当した患者さんから言われました。苦しんで亡くなる時救わないでほしいと。

そんな時、延命治療をして意識が戻った患者さんから

「何回も死ねずに苦しまなきゃいけないのか?」それが病院なのか?

すごく心が痛くなり、このことは一生忘れない出来事になっています。

点滴や経管栄養するために、管を抜かないようにゴメンなさいと手を縛る。また、目まぐるしい仕事の中で身体の向きは2時間毎に変える。その内褥瘡は出来るし、当時はMRSAが院内感染で問題になった時代。

何をしているのか?

私は人間でなかった。

こんなのが医療のあり方なのか。

父の死に向かい合った時も、看護師と娘の立場を行き来し、苦しみ、死ってなんなんだろうと常に考えるようになりました。

私が夜勤との時に亡くなる方が多く、

なぜって疲弊していた時、

看護師の先輩から言われました。

看護師や医師は人を救うだけでない。命の最後にも必ずいるんだから、そんな残念な貴女の顔を見ながら死んでいく患者さんはかわいそうと。

本当にそうだ。

その頃から、その方の最後にいる看護師として、最後生きていていてよかったと思えるような支援がしたいと強く思うようになりました。

それが今、命を見届けることを大切とする私の原点になっています。

【人は生きてそして死ぬ 当たり前のこと】

正直死ぬのは、当たり前。

普通のこと。

昔は、畳の上で死んでいくのは当たり前の世の中で、家族やそして近所の人や、死ぬってことに触れることが日常にあった。

今は、触れることが少なくなり、看取りとか終末期とかなんだろ、そんな言葉が重いものとして捉えられるようになってきて、

だから、どうにかしなくっちゃと心ある関係者と頑張って啓発活動をしている。

私は、施設で看護師として働かせていただき、自分の子供に老いとか、死ぬということを学ばせていただけて、感謝している。

現在25歳の息子 雄太と23歳の娘 美優。

小学校の頃、

私が勤めていた高齢者施設によく連れて行っていた。

私は母子家庭だし、施設に夜呼び出させると子供を家に置いて出て行かないといけないから、どんな場所でどんな気持ちで働いているか理解を得るためでもあった。

「お母さんはね、お年寄りが大好きでそして、いずれ自分がそこで最後楽しく過ごせるような場所になればいいなと働いてるんよ」と子供に言っていた。

のちにその言葉を信じてる雄太にとって、悪気があるわけではないらしいけど、

「施設にお母さんはいずれ暮らしたいんよね、会いにいくね」とか言われたり、「お母さん看護師さんの仕事好きでしてるのに、何できつそうにしとるん?」に変わっていくんだけど😅

小学校のころから息子雄太は、

何でも、なんで?ってしつこく聞く子供で、

利用者様に会って、

「何で髪の毛白いん?」

「何で、昼あった時に歯があったのに、夜急になくなったん?虫歯が一気にひどくなってなくなったん?(義歯)僕、歯を今日からしっかり磨く!!」とか、

「何で椅子に座って動くん(車椅子)」

「何でここ臭いん(施設の排泄のにおいなど)?」

下を向いている利用者様を下から覗き込み、「なぜ下向いとるん?」

そして、ある利用者様に出会い、「雄太このばぁちゃんにいつも会いにいく!!美優(妹)も行こう!!」と言い、何度か会いに連れて行っていた。

ある日、その利用者様が看取り期に入り、元気がなくなっている姿を見て、何で寝てばかりおるん?と仕切りに聞かれたことがあった。

そして、

母の日に私が母に花を買いに行った時、ついてきた我が子二人が、小遣いを出してその利用者様のために花を買いたいと言い出した。(ほとんど雄太が、下のみゆに無理やり付き合わせた感があったけど)

そして、

持って行った時には命を引き取る時だった。

あの子たちは、呆然と立っていて、

身内の死とはあまり触れてなかったので、訳がわからない感じで。

利用者様の家族に頼んで、通夜に参加させていただいた。動かない姿、雄太は顔をそっと触って黙っていた。

帰りの車で黙っていた雄太が、何を言いだすかと思ったら、「ねー美優、次どのばぁちゃんに会いにいく?」と。

美優は、ひいばぁちゃんの死を以前見送った時のことを覚えていて、「ひぃばぁちゃんの時は凄くこわかった。今日のばぁちゃんお顔見たけどこわくなかった」と。

そんなことがふと、思い出された。

葬儀も、

私の子供の時、町内の公民館に祭壇が置かれており、地域の方がなくなった時に、家で祭壇をかり葬儀も行われていた。近くの人が集まり、炊き出しも一緒にしていた。

うちの父が54歳でなくなった時も、家でそう言えばしたな。

お盆になれば、今もそういう地域もあると思うけど、盆踊りの時に地域の方の写真が飾られ、その前で踊り、そして私たち子供はアイスボンボンを貰っていた。

なんだか、そんな昔があり死が遠いようで近い感じよかった。

日常で死生観って養われていたような気がする。死を近いものとして。

昔をとりもどせ。時々本当に思う。

今日は、素朴に感じたことを看護師としてではなく人として書きました。

死生観、看取りに対して話すと、いろんな視点で本が書けるくらい、

きりがないので、コマ切れに発信します😅

【自分らしく生き、長生きするコツ】

高齢者施設に勤めて17年経ちます😁

当初、いろんな不思議な高齢者との出会いが刺激的でした。

私は、検査データを見るのが好きで、高齢者の血液検査の結果をみていたら、腎機能が3倍悪い方でも普通に生活をしている😵ヘモグロビン3.0で貧血がひどいのに車椅子をガンガン自力で動かしている😲C Tで脳の萎縮がヒドくて梗塞の跡も沢山あり寝たきり脳なのに何故普通に動いておられるのか?

また、

ガンで、病院で痛みに耐えモルヒネを使ってたのに、退院して施設で一度も使わず穏やかに最期を迎えた方がいた。

ここは一体???介護現場では、沢山の不思議と直面した。

病院で余命1カ月と言われたガンの利用者様は、施設に戻ってこられて寝たきりではなく、起きれる時は起きていただき、普通にお風呂も入り。食べたいと一口好きな白菜のお浸しを召し上がれ、普通に生活するそんな日々で亡くなられた。

病院で沢山使っていたモルヒネは施設では、痛みを訴えず、一度も使用しなかった。

ご家族よりお礼の言葉で、

「病院のベッドの上で痛みに耐えるように過ごすより、皆さんと一緒の日常で過ごす幸せが、痛みを紛らわすことになりよかったと思います。ありがとうございます。」と言われた。

とても嬉しく、

でも道理はわかるけど、私は看護師なのでその身体の中でどんなことが起きているのかずっと不思議だった。

その後学んでいくとあることがわかった。そのガンの方は、脳内ホルモン、β(ベータ)エンドルフィンが出て痛みがなくなり、痛み止めの薬モルヒネを必要しなくなったということ。

β(ベータ)エンドルフィンは、

モルヒネよりも強い鎮痛、鎮静作用のあるホルモンで別名、脳内麻薬とも呼ばれ、モルヒネのおよそ6倍の鎮痛効果のある物質とも言われており、感動した時、嬉しい、ありがたいと思った時にも出るとのことです。

この方はありがたいと思って普通に過ごされた最期の日々は脳内物質がでて、苦痛から解放されていたんですね。

ということは、高齢者の好きなことをして、その人らしい生活を支えることで、体内にあるホルモンが左右していて、痛み苦痛をなくし長生きできるんだって解明★

また、エンドルフィンだけでなく、好きなことをしていたら、ドーパミンが出たり、沢山の良い体内のホルモンが出て身体にいい作用が出る。

その他、私たちも人間、日常で楽しいことを感じ出る瞬間は沢山あり、それを知ると面白い★

前回お伝えした、【いいとこ探し】もまさに、その根本は脳内ホルモンの作用。

自分が喜ぶこと、癒されること知っておくことで、まず自分が健康に。

そして、利用者様まわりの人々に対しても、リサーチしておくととてもよいなと思います★

ちょっと人から変わっている自己主張すると言われる方が、長生きするんでしょうね。

(利用者様すみません。褒め言葉です)

私はきっと、長生きすると思います。

とても変わっているから(笑)

施設看護師の主張


世の中高齢者や障がい者が多くなり、病院ではなく地域で支えていく医療職の存在が大切になってきています★


でも、病院で働いていた時は医師が近くに居ましたが、医師が常駐していない中の私たち看護師の動きは判断力が必要でとても責任の重いものです☝️


私は、今病院でない高齢者施設の看護師の話を全国でさせていただいていますが、


その中で、自分の職場や地域をまず大切にしていきたい思いが強くありました。


そこで、


北九州高齢者福祉事業協会という地域の社会福祉法人の特養施設の集まりの、看護部会を平成27年から担当させていただいており、


先日、介護の日にちなんで、講演会や介護研修発表大会が開催✨


【施設看護師の主張】と題して看護師代表で話させていただく機会をいただきました。


高齢者施設の看護師の思い、


協会内看護師部会の活動発表や、看護師たちのアンケート調査結果を伝えました。

課題は、

高齢者施設と医療機関との連携が難しい。嘱託医と協力医も含め、介護保険施設のしくみや状態が見えていない。看護師がいるから病院と同じように思われたり見える化が必要。

利用者様の緊急時対応や看取りに関しても医師の関わりが不可欠です。

二番目に多職種の連携が難しい。介護現場では、医療用語や知識など共通認識が難しい。言葉の壁もありますね。

あと、施設での薬の管理💊が大変。薬剤師もいないので、服薬管理や薬の保存、毎日の準備、医療機関との連携が看護師に委ねられてます。

利用者様の生活の中で介護からの情報と私たちが観察したトータル的な判断で医師に伝え指示を得て、処置の指示や薬を出していただくのも大切な役割。薬剤師との連携も大切。

施設の看護師の私たちの役割は、生活の中での病気の予防と早期発見。マネージメント能力も問われます。

二次障害予防の取り組みを介護と看護の連携でするべきだということ、

治療の場ではなく、原因根拠がわかり、介護職と連携する事で毎日、病気などを予防することができる。

例えば、歯科との連携も大切で、毎日の介護の中で口腔ケア、姿勢ケアなどで肺炎ゼロにすることもできると考えます。口から美味しいものを食べ続けることが出来るような取り組みも多職種連携(歯科医、歯科衛生士、栄養士、介護職、看護師、ケアマネ等)で出来る。

あと、拘縮ゼロ!!私たちが利用者様を抱えあげたり、寝ている時も楽な姿勢にすることも出来ず、利用者様(患者)の身体の筋緊張を与えている。他にたくさん、介護職医療職が二次的障害で苦しめている現場があります。

主の病気を治しても、そのような障害を作っている。それをしない方法ももっと伝えていきたい。医療と介護の連携で予防をすることが出来ると思ってます。

肺炎や点滴等で胸水が溜まる、身体がガチガチ、褥瘡が出来、そのような最期を迎える看取りは自然な形ではありません。

加齢による看取りは不必要な医療を省いていき、介護力を高め、人に寄り添い心も身体も大切にし、楽になり、人生生きていてよかったと思える事です。

まだまだ、介護現場もこれからです。どこも出来ている現場ではないです。だからこそ、

とにかくまず、施設間の壁、職種の壁を取っ払い、できない理由はいわず学んでいき、進んでいく。

北九州の施設では、困難と思われることも先駆的に取り組んでいるところもあります。お互いの施設間が、この地で繋がり強みを生かしていきたいことも話しました。(15分ですが)


困った人が沢山いる。

だから、これからも、


地域貢献するために、私たち看護師も繋がりを深め、発信していく必要があります。

そして、これから地域の医療連携の場に多職種が集まっている私たち施設看護師だからこそ得ているノウハウ、できる事を発信できればと思っています。


施設のホームページ↓

http://blog.livedoor.jp/enjokai/archives/77959262.html?ref=head_btn_prev&id=6124092


私の職場(社会福祉法人援助会)の仲間たち★

介護主任と総務主任コンビは、介護ロボット事業の発表をしました。

先駆的な取り組みをしていく。ITやAIに関しても世の中が進んでいっていることに敏感に、

理事長自らトップが旗を振り、私たちや利用者様に寄り添ってくれ、共に人に尽くす精神で邁進、

私たちの援助会の使命でもあります。

いまは、私自身も頑張りどころ。

ここ数年動き、次にバトンを渡せるよう、頑張っていきたいと思います★

生きる意味って何だ???

世の中に対して、人に対して、
グズグズいって、
そこに留まっていても何も変わらない。

だから、動く。
それしか私にはないから★

看護師は使命としてやってます。
高齢者施設で看護師をしています。
病院でない看護師にハマっています。

今思えば、
病院は病院の役割があるけど、
私には合わなかったのかな🏥

特に延命の時代、看護師になった私は、
なぜ人って死に方を自分で選べないのかという疑問があった。(自殺って意味じゃないよ)

重度の病気を抱え、苦しんでいて
やっといけると思った瞬間、
延命処置で生き返される。
死にたくても死ねない。

そんな患者さんに「いつになったら死ねるの?何度苦しめば死ねるの?
人を苦しめるのが病院なの?」と
聞かれたことがあった。

その時から、
私は最期は命を見届ける看護師になりたい
と思っていたのかもしれない。
ちょうど、父を54歳でみおくった時期でもあって、人が生きる意味、死ぬ意味が知りたいと思ってた。


今は
高齢者施設で生きるを支え、命を見届けるお仕事をしています☺️
死ぬ瞬間だけではなく、今生きているこの瞬間からその人らしく生きるを支えたい✨

動けない方が沢山います。
身体が動けても心が伏せて動けない人、
身体自体が動かせない人、
社会的に追いやられている人、

動ける私たちは幸せですね😄

動けて幸せなはずなのに、
それぞれの存在価値、地位を守り理由をつけ、人のせいにする人を見かける。
尚更、その言動が自分の地位や価値を下げているのに気がつかない。

生きたくても生きれない人もいて、
時間は同じなのに、本当にもったいない。

あたりまえが幸せです★

リンカーネーション信じてるから、
私もこの人生終わって、あの世に行ったら、
次はどんな人生生きるのかな?

風邪で寝込んで、
一日中昨日めずらしく家にいたから、
こんなことを考えました。

普段はめちゃくちゃ?明るい私です。

これからもよろしくお願いいたします🤲